Home > 鶴岡八幡宮ご由緒

鶴岡八幡宮ご由緒



御祭神 応神天皇 比売神 神功皇后

康平6年(1063)源頼義が奥州を平定し鎌倉に帰り、
材木座に源氏の氏神として八幡宮をお祀りしたのがはじまりです。

その後、源頼朝公が鎌倉に入るや直ちに現在の地に遷し祀り、建久2年(1191)には上下両宮(現在の建物は代表的な江戸建築で共に国重要文化財)の姿に整えられました。

鶴岡八幡宮は関東の守護、国家鎮護の神社となり、
全国から崇敬を集め、各地に氏神様としてお祀りされるようになりました。

悠久の時を越え、現在も正月の初詣をはじめ四季折々に多くの参拝者が訪れています。
境内の源平池、静御前で知られる舞殿、本宮に向かう大石段が長い歴史を語りかけてくれるかのようです。
表参道の段葛、若宮大路から眺める鶴岡八幡宮は漆の朱と山の緑と青い空、更に遠近を考慮した色調と高低とを見事に演出させており、その美しさには驚嘆するばかりです。

鶴岡八幡宮公式HP
https://www.hachimangu.or.jp/

 
 

Return to page top